施設と環境

高座渋谷ゆめいろ保育園の施設や環境について。

フロア 198.42平方メートル
清掃 清掃、設備管理は毎日実施しています
給食 園内調理
排泄 紙パンツの交換・トイレ指導

お子様の健康と安全

緊急時の連絡体制

発熱、病気や事故の発生時には、応急処置をとり、速やかにお母さまにお知らせいたします。また、高座渋谷ゆめいろ保育園では、緊急で連れて行く病院を設定しております。

日々の健康チェック

毎朝のお預かりの際に、保育スタッフが視診にてお子さまの顔色、発熱や、皮膚疾患などを中心に、保育スタッフがお母さまに確認させていただきます。

誤飲防止・「乳幼児突然死症候群」の予防

口に入りやすい玩具、洗剤や薬品の設置場所は細心の注意を払い危険防止を万全にしております。

仰向け寝の徹底と睡眠中の観察等、徹底して行なっております。

AEDの設置

自動対外式除細動器 『AED』を設置しております。
万一の際は、保育スタッフが応急救命措置に当たります。

園外保育時の安全管理

交通ルールは、保育スタッフが守ることから、子ども達に見せて教えていきます。
信号のルールや、歩き方は、毎日の外遊びの行き帰りを通して、自然に身につけていくよう実践します。公園内では、スタッフは常に人数確認と公園内の危険箇所、飛び出しの防止に細心の注意をはらいます。

施設のご案内

施設写真

広々としたゆとりある保育スペース

奥まで続く保育スペース

調乳室

園児用トイレ

園児用シャワー・洗面台

エントランス

施設内の安全対策

保育園内での死角の確認とスタッフの室内配置は常に確認と見直しを行ないます。
お預かりするお子さまの年齢層に合わせた、危険箇所・危険防止の方法を常に考え実践します。
また、室内の温度・湿度は、常に確認を行い、加湿器や空気清浄機などを利用し、外気との温度差を考え、適正温度を保つよう、心がけます。

災害への対応

毎月1回を目安に、保育中に防災自主訓練を実施しています。

地震・火災・避難勧告の際など、それぞれの想定に合わせ、避難・集合・消火・通報・誘導などの内容で実施します。

災害の場合の避難場所は、広域・近隣の収容施設・近隣公園など、状況に合わせて三箇所の避難場所を設定しております。

室内での避難場所も決めており、ホイッスルの合図で、子ども達は敏速に集合できるよう訓練します。


このページのトップへ